MANTIS BS1 FLOOR LAMP
マンティス フロアランプ

彫刻家でもありエンジニアでもあった多才なショートランダーが生み出した独特な構造とバランス、柔軟性を持つ、まるで彫刻のような遊び心のある照明、Mantis(マンティス)。

ドイツのマインツで1924年に生まれたBernard Schottlander(ベルナール・ショットランダー)は、1939年にイギリスに渡ります。戦争中に兵器工場で溶接工として働き、戦後はリーズ美術大学で彫刻を学びました。戦時中の溶接工としての経験はその後の彼の仕事に大きな影響を与えました。彼のアーティスティックなプロダクトは手作業で作られており、彼は自身をインテリアデザイナー及び屋外彫刻家と定義しています。
ショットランダーは世界的彫刻家のアレクサンダー・カルダーの大ファンであり、カルダー1951年の作品で象徴的な動く彫刻モビールに敬意を表してLamp Mantis(マンティス)を製作し、世に広めました。

Mantis(マンティス)フロアランプは、ショットランダーが崇拝するカルダーのモビールのように、まるで重力の法則に反するかのような独特の浮遊感があり、支柱の差し込み位置を変更することにより傾斜角度が変えられる、当時はまだ珍しかった段階可変式のカウンターバランスシステムを採用、支柱は360°自在に動く機能性の高さも魅力のスタンドランプです。

また、彫刻家らしい視点でデザインされたLamp Mantisのまるで空中に浮遊しているアクロバットのように非対称で美しい歪みを描いたアルミニウム製のシェードは、熟練の金属加工技術を要するへら絞りと高度な彫金の技術を用いて作られています。

DCW éditions / DCW editions(ディーシーダブリュー エディションズ)

DCW editionsは、ル・コルビュジエをも魅了した「Gras Lamp」を復刻する権利を獲得した3人の支持者により2008年に立ち上げ生産を始めたフランスのメーカーです。2013年に、1970年にBertrand Balas(ベルトラン・バラス)がデザインした魔法のようなオーラを発する「Here Comes Sun」を復刻し、 現在は建築家とのコラボレーションで革新的な照明器具「IN THE TUBE」、「ISP」を新たに製作するなど躍進を続けています。

世界のモダンデザインの歴史のなかでも特筆すべきものとして語られるDCWコレクションのストーリーは、Bernard- Albin Gras(バーナード・アルビン・グラス)がオフィス用&産業用のランプ「The Lampe Gras」シリーズをデザインした1921年に遡ります。The Lampe Grasはシンプルかつ人間工学に基づき、一切のビスも溶接も用いない画期的なデザインで、時代を先取りしていました。フランク・ロイド・ライトやミース・ファン・デル・ローエとともに“近代建築の巨匠”と称されるル・コルビュジエを筆頭に、アーティストのソニア・ドローネやジョルジュ・ブラックなど、The Lampe Grasは多くの異なる業種の著名人やカスタマーによって愛されることとなり、公共スペースと住宅の双方の場で採用される歴史上最初のランプとして人気を博しました。

もっと読むDCW editions(ディーシーダブリュー エディションズ)

Bernard Schottlander(ベルナール・ショットランダー)

Bernard Schottlander(ベルナール・ショットランダー)は、1924年にドイツのマインツで生まれ、1939年にイギリスに移住しました。インドのイギリス軍に奉仕した後、彼は溶接を学び、リーズ美術大学とセントジョーンズウッドのアングロフランス美術センターで彫刻を受講し、彼自身をインテリアデザイナーとエクステリアの彫刻家と定義しています。
工業デザイナーとして成功した数年後、ベルナール・ショットランダーは彫刻に専念します。1950年代後半、George Nash(ジョージ・ナッシュ)の助けを得てノース・ロンドンでワークショップを設立。1965年からセント・マルティンス美術学校で金属工芸を教え、同年、ロンドンの現代美術研究所で6人のグループ展を開催、1966年にはロンドンのハミルトン美術館で個展を開催。アレクサンダー・カルダーの崇拝者であるベルナール・ショットランダーは、1951年にカルダーへのオマージュとして「Mantis」シリーズのランプを発表しました。
アーティスト、エンジニア、そしてハンディーマンとしてショットランダーが創造したすべてのものには「動き」が深く織り込まれており、一連の強く柔軟な金属棒と組み合わせた釣り合いの良いスマートなシステムを考案しました。

サイズ W690〜1080mm×D740mm×H1550〜1700mm
シェード:φ270mm×H230mm
重量:4.0kg
コード丈:2m(中間スイッチ含む)
素材 スチール / アルミニウム
ブラック
仕様 支柱(ポール):360°回転式
※床接地面は円盤のベースではなく、3本脚のタイプとなります。
アームは支柱の差込み位置を変えることにより16度ずつ4段階の傾斜調整が可能。
シェード:傾き調整可能
適合電球:
口径:E17 LED ランプ 60W相当×1
中間スイッチ付
※電球は付属しません
納期 約一週間
※在庫状況により異なります。お気軽にお問い合わせ下さい。
送料 ヤマト家財宅配便Eランク または地域によってお見積り
※お気軽にお問い合わせください
デザイナー Bernard Schottlander
備考 お取り寄せ商品の為、ご注文後のキャンセル不可
バイヤーのおすすめポイント

時代を超えて絵になるスタンドランプ

初めてお目にかかったその時に、虫のようなフォルムがかっこいいと思っていたこのランプの名前が「MANTIS」=カマキリと知った時の小さな喜びしかり、動く芸術、カルダーのモビールのオマージュとして発表された作品であったことしかり、MANTISは知れば知るほど好きになる、愛してやまない照明です。極細のアームに特徴的なシェードを持ったMANTISは、やはりどこか生き物のような有機的なラインが独特な雰囲気を生み出し、デスクランプ、フロアランプ、ウォールランプのどの型も魅力的な空間を生み出します。まるで絵のような独特なフォルムでインテリアの和洋も問わず、住宅のインテリア照明としても、カフェ・レストランやショップ、モデルルーム等の商業施設照明としてもお使いいただけるお勧めの照明です。(sae)

ご注文

型番
dcw editions mantis フロアライト フロアスタンド スタンドランプ
価格
196,900円(税17,900円)
購入数
© Copyright 2016 | 北欧 日本のインテリアショップ | ROUND ROBIN | All Rights Reserved