Kente Cloth アフリカ・ガーナ エウェ族のケンテ布 ケンテクロス 藍染

インテリアクロス

40,700円(税3,700円)

織り手の減少とともに入手が困難になっているエウェ族のケンテを、エウェ族の職人とともに過去の名品の柄などをもとに現代に復刻させた、ここでしか出会えないアフリカ民芸の美しいテキスタイル。

「ケンテ」とは、ガーナおよびトーゴで特別に織られる祝祭の儀礼用布です。幅10cmほどの細長い布を縫いあわせ、大きな布に仕立てたものを、男性はローマ時代のトーガのように体に巻き付け、女性は肩掛けや腰布に使います。西アフリカのほかの地域でも細幅布は作られますが、ケンテ・クロスはとりわけはなやかな色と装飾的な柄が特徴です。

エウェ族の職人によるケンテは主に木綿糸から作られます。ケンテを織るのは男性の仕事で、工房には親方と職人がいて、それぞれの職人は親方の指示を受けて担当した柄を織ります。織り手は色とりどりの綿糸を使い、水平式とよばれる手織機でケンテを織ります。

エウェ族のケンテは、その文様にことわざや格言などの意味があり、さまざまな表現と深みのある色合いが魅力です。近年、高品質なケンテを織る技術を持った織り手が減ったため、世界中の染織コレクターの間では年代物のエウェ・ケンテばかりが高額で取引されてきました。

今回入荷したエウェ族のケンテは、数少ない現代の職人とともに、過去の名品やオリジナルのデザインをもとに、美しい色合いにこだわり糸一本一本の配色を細かく相談して、技術の保存とビンテージの名品にも負けない高品質なケンテを目指して生産されたものです。落ち着いた色調で非常に美しい仕上がりとなっています。

タペストリーのように壁に飾るのはもちろん、ソファーに掛けたり、ベッドスローに使うなど、インテリアの個性的なアクセントにおすすめです。

アフリカのフォーククラフト 民芸 染織
サイズ 約1050mm×640mm
仕様 素材:綿100%
納期 約1週間
送料 食器・雑貨
生産国 ガーナ
ギフト対応
備考 ・一点一点ハンドメイドのため、染めムラや布の歪み、織り皺などがございます。予めご了承ください。
・ケンテを洗う際に、染色された糸から色落ちすることがございます。色移り防止のため、お洗濯後は直ちに干して下さい。
・お洗濯はたらいやバケツの中で水洗い、またはネットに入れ洗濯機の「ソフト/手洗いモード」での洗濯をおすすめします。
・直射日光は退色の原因となるため、干す際は陰干しをお勧め致します。
・店頭と在庫を共有しております。更新に時間差が生じ、ご注文時に商品が欠品している可能性がございます事をご了承ください。
バイヤーのおすすめポイント

アフリカンテキスタイルの最高峰とも言えるケンテクロス。

ガーナの伝統衣装として祭礼や儀式の際にまとう最正装の衣装、ケンテ。かつてアシャンティ王国(いまのガーナ)で大量の金や奴隷を支配した王族や酋長たちが自らの富と権力を誇示するために身に付けたシルクケンテは、時代が変わり、一般市民にも広まると、需要の増大とともに化繊糸を使用した品質の低い大量生産のケンテクロスに取って代わられ、現在では昔ながらの手間隙のかかる製法で、傑出した見事な出来栄えのケンテ布を織れる職人がほとんどいなくなってしまったそうです。近代、ヨーロッパのコレクターたちが放出したもの以外には滅多に手に入らなくなってしまった高品質のケンテですが、数少ない熟練の職人に掛け合い、アフリカで染められた藍染めの糸を合わせ、とてもセンスのある美しく洗練されたデザインに織り上げた貴重なケンテクロスに出会うことができました。ここでしか手に入らないアフリカ染織工芸の最高傑作の職人技、ぜひお目通し頂ければと思います。(sae)

ご注文

型番
西アフリカ 織り物 インテリアクロス タペストリー SLI021
価格
40,700円(税3,700円)
購入数
© Copyright 2016 | 北欧 日本のインテリアショップ | ROUND ROBIN | All Rights Reserved