LE KLINT TABLELAMP 343 レ・クリント テーブルランプ

鮮やかな緑色のガラスベースと合わせたレトロでクラシックなLE KLINT MODEL 343。

LE KLINTのテーブルランプ、MODEL 343は、建築家でグラフィックデザイナーのGunnar Biilmann-Petersenによって1948年に設計された古典的なガラスランプです。このランプは、Tage Klintが1943年に設立して以来製造されている古典的なハンドプリーツランプシェード用に特別に設計されています。

1枚のプラスチックシートをひとつひとつ手で折りあげてできるハンドクラフトならではの幾何学的な美しいフォルムが魅力のLE KLINTの照明。長く厳しい冬を過ごす北欧の生活の中で生まれ、磨かれ続けてきた光と影の優しく繊細なコントラストを持つ名作照明は、明かりの芸術品として、北欧のみならず、世界中で今も愛され続けています。

ホテルやモデルルームのベッドサイドライトやサイドテーブルに、ドレッサースペースやカウンターテーブルのテーブルランプとして、雰囲気のあるシックで気品溢れるインテリアを演出します。

LE KLINT(レ・クリント)

- 始まりは、クリント家のプライベートな手づくり -
20世紀初め、デンマークの著名な建築家P.V.イエンセン・クリントは、紙を規則的に折り上げて作る、手づくりのランプシェードを生み出しました。
クリント家の趣味の延長としてつくられたこのシェードは、美しいデザインだけではなく、機能的にも優れたあかりの名品として世に知られ、1943年にレ・クリント社が創立されました。
60周年を迎えた2003年には、デンマーク王室御用達にも選定されるなど、1世紀を経てもなお、レ・クリント家の手づくりならではのフォルムは、当時の精神とともに受け継がれています。

レ・クリントならではの暖かい光とやさしい影。1枚のプラスティックシートを手で折りあげる、長く厳しい冬を過ごす北欧の生活のなかで磨かれてきた技、そして美しいフォルムはクォリティ・オブ・ライフを追求する北欧デザインの代表作として、世界中を魅了し続けています。

もっと読むLE KLINT レ・クリント

Gunnar Biilmann-Petersen(グナー・ビルマンピーターセン)

Gunnar Biilmann Petersenは、デンマークのデザインの歴史において最も重要な人物の1人です。Royal Danish Academy of Fine Arts - デンマーク王立美術院の装飾美術学校を卒業後、建築家の道へ進みますが、グラフィックアートの分野でもその才能を惜しみなく発揮しました。彼の作品はグラフィック、ポスター、銀行券(紙幣)、会社のロゴからコペンハーゲン市役所のJens Olsen(イェンスオルセン)の世界時計のレイアウトに至るまで、折衷的なものでした。 また、デザインスタジオでの作業と並行して、Gunnar Biilmann-Petersenは教育と研究に携わり、1951年にRoyal Danish Academy of Fine Artsの最初のデザイン教授も務めています。

サイズ φ400mm×H480mm:約2kg
※手作りで製作されておりますので、若干サイズの個体差がございます
素材 プラスティックシート / ガラス
ベースカラー(ガラス部分):緑
仕様 適合電球:E26口金 LED60W相当×1灯
中間スイッチ式
※電球は付属しません  
納期 約1週間
送料 送料無料
※沖縄・離島・一部地域を除く
デザイナー Gunnar Biilmann-Petersen
備考 お取り寄せ商品の為、ご注文後のキャンセル不可
【コード丈の変更について】
お問い合わせください

ご注文

型番
leklint table lamp KT343G table light
価格
99,000円(税9,000円)
購入数
© Copyright 2016 | 北欧 日本のインテリアショップ | ROUND ROBIN | All Rights Reserved